ジョアン・バーンズ、Ed.D.

ジョアン・バーンズ博士は、古在グループのシニア・コンサルタントです。インディアナ・ウェスリアン大学(IWU)リーダーシップ研究科の大学院長および組織リーダーシップ博士課程の教授を務める。

バーンズ博士は、「Inclusive Behaviors Inventory」、「Intercultural
Effectiveness Scale」、「Cultural Intelligence」、「Global Competency Inventory」の認定トレーナー/コーチです。また、
、グローバル・リーダーシップとカルチュラル・コンピテンシーの認定資格を持っています。ジョアンは、
大学や企業と協力して、学生、
教員、管理者、ビジネスリーダーが、グローバルな任務や
多文化体験に備えるための評価やコーチングを行っています。

バーンズ博士は、ニューヨークのホートンカレッジの評議員を務めているほか、
International Leadership Associationのボードメンバーでもあります。彼女は現在、
2019/2020年の国連WEエンパワー受賞者の「マスターリーダーシップコーチ」として働いており、
2018年の国連WEエンパワー受賞者(ヨルダン)のリーダーシップコーチを務めました。

バーンズ博士の研究分野は、女性のリーダーシップとインターセクショナリティ、
無意識のバイアスとインクルージョン、多文化リーダーシップと知能、メンタリングです。
リーダーシップに関するいくつかのトップカンファレンスで発表し、
女性とリーダーシップ、文化的知能、グローバルリーダーシップなどに関する出版物を持っています。
また、いくつかのトップジャーナルや学術書の編集審査委員を務めています。

現在、インディアナ・ウェスリアン
大学の博士課程において、アドバンス・グローバル・リーダーシップ論、グローバリゼーションと
多文化主義論、リーダーシップ・コロキウム・コースを教えている。バーンズ博士は、経営学のBS、経営学のMS
、インディアナ・ウェスリアン
大学で組織リーダーシップのEd.D.を取得し、サンノゼ
州立大学でアドバンス・グローバル・リーダーシップ研究のPost Certificateを取得しました。

バーンズ博士は、Alpha Kappa Alpha, Inc.のOmicron Phi Omega Chapterのメンバーであり、
、同クラブでいくつかの指導的立場を担っています。

Select your purchase Type
Select your purchase Type
Select your purchase Type