マイケル・J・スティーブンス博士

マイケル・J・スティーブンス(Michael J. Stevens, Ph.D.)は、ウェーバー州立大学の経営学教授。また、ビジネスおよび非営利セクターの組織に対して広くコンサルティングを行っています。主な専門分野は、エンパワーメントとチームワークを通じた組織パフォーマンスの向上、個人の評価と選択(特にチームや異文化間での仕事)、エグゼクティブコーチングとリーダーシップ開発、リーダーシップが組織文化や従業員のパフォーマンスに与える影響、職場における対人関係の有効性など。 パデュー大学のクラナート経営大学院で博士号を取得し、経営学アカデミーのラルフ・G・アレクサンダー最優秀論文賞を受賞しました。著名な経営専門誌に書籍の章や研究論文を発表しており、定期的に専門家会議やセミナーでプレゼンテーションを行っています。 スティーブンス博士は、チームでうまく仕事をするための対人適性を測定する分野で先駆的な研究を行い、商業的に配布されている雇用テスト「Teamwork-KSA」の主著者として広く知られている研究者です。現在はいくつかの専門学会で活動しており、産業界、政府、コンサルティング、非営利団体などで管理職や役員職を歴任している。
Select your purchase Type
Select your purchase Type
Select your purchase Type